上野焼巴ライン フリーカップ(総緑)
上野焼巴ライン フリーカップ(総緑)

上野焼巴ライン フリーカップ(総緑)

[必須ポイント:7,000pt]

豊前小倉藩窯で400年以上の伝統を誇る上野焼(あがのやき)の逸品。上野焼の印である「巴(ともえ)」をデザインに反映した新たなローカルブランド「巴ライン」。ぜひ用途や感性に合わせてとっておきの器をお選びください。

  • 1日限定10セット
商品番号 M1-04
セット内容 径8.5㎝/高さ13.5㎝
※手作りのため、一つひとつ色や景色が変化いたします。
※受注生産のため、完成・発送までに時間がかかることがございます。
のし・包装対応 【包装対応】有り
【のし対応】有り
提携企業 上野焼協同組合
発送方法 常温
配送指定不可日 平成29年12月29日~平成30年1月7日
※1日の配達可能上限に達した場合は指定日の選択が出来ませんので、他の指定日を選択してください。

カートへ追加

四百年を越える伝統と
現代的感覚が調和した逸品

【細川忠興公が創始した茶陶】
 福智町は、福岡県の中央部に位置する自然と文化に彩られた陶芸の里です。町の象徴である福智山(標高901m)の麓には4百年以上の伝統を受け継ぐ「上野焼」の窯元が数多く点在しています。
 「上野焼」は千利休の高弟で当時屈指の大名茶人・豊前小倉藩主の細川忠興が、李朝陶工・尊楷を招いて開窯させた国焼茶陶。歴代藩主の御用窯、藩窯としての歴史を誇る国指定の伝統的工芸品です。
 その伝統的技法に革新的技術を融合させて研究開発した新たなローカルブランド「巴ライン」。特にマグカップは意匠を凝らしたフタに特徴があり、特殊シリコンリングにより保温性を高め、どんなシーンでも卓上に華を添えます。
 上野焼の印である「巴」をデザインに反映したとっておきの器。ぜひ用途や感性に合わせてお選びください。焼酎にピッタリな器「酎杯」も好評です。
 五感への心地よさと茶陶の品格を備えた逸品、日々を彩る器をお届けします。

「土づくり」「成形」「乾燥」「素焼」「釉掛け」「焼成」と、手間ひまのかかるいくつもの工程を経て、ようやく生み出される「上野焼」。伝統的な手作業を守り抜き、現代的感覚と調和させた逸品を作り続けています。
「土づくり」「成形」「乾燥」「素焼」「釉掛け」「焼成」と、手間ひまのかかるいくつもの工程を経て、ようやく生み出される「上野焼」。伝統的な手作業を守り抜き、現代的感覚と調和させた逸品を作り続けています。
「土づくり」「成形」「乾燥」「素焼」「釉掛け」「焼成」と、手間ひまのかかるいくつもの工程を経て、ようやく生み出される「上野焼」。伝統的な手作業を守り抜き、現代的感覚と調和させた逸品を作り続けています。

「土づくり」「成形」「乾燥」「素焼」「釉掛け」「焼成」と、手間ひまのかかるいくつもの工程を経て、ようやく生み出される「上野焼」。伝統的な手作業を守り抜き、現代的感覚と調和させた逸品を作り続けています。

髙靏 享一さん

器のフォルムを均一にするため、陶土の収縮率の想定や高い技術が求められます。心技を集中させて、一点一点、丁寧に作り上げています。

上野焼協同組合 理事長
髙靏 享一さん